ヨガを行う事の目的

現代社会において、ほとんどの人が病気ではないが、

体の不調を感じて生活している方が多いと実感します。(不定愁訴)

 

原因は多忙な仕事量(睡眠不足)・食生活・運動不足・筋力低・高齢者においては多大な薬の副用からの副作用などが考えられます。

 

ヨガは西洋医学からでは改善が難しいとされている・運動神経・自律神経系・免疫系にアプローチが出来るものと捉えています。

 

対症療法ではなく原因療法の観点から捉えて不調改善を受け身の治療ではなく

 

自らが能動的に体を動かしていく事を目的として健康な元気な体作りを目指してます

運動神経・自律神経・免疫系

運動神経

体や内臓の筋肉の動きを指令するために信号を伝える神経の総称

 

自律神経

循環器・消化器・呼吸器・体温調整・などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。 体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。 ... 不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われます。

 

免疫系

生体内で病原体などの非自己物質やがん細胞などの異常な細胞を認識して殺滅することにより、生体を病気から保護する多数の機構が集積した機構である。 精密かつダイナミックな情報伝達を用いて、細胞、組織、器官が複雑に連係している